最新治療のお知らせ PRP療法、APS療法、PFC-FD療法による再生医療が可能となりました。

http://nishikawa-seikei.com/saisei/

当院で第二種再生医療等技術(APS療法)、第三種再生医療等技術(PRP療法)PFC-FD療法の再生医療が可能になりました。

再生医療とは、人が生まれながらにして持っている「自然治癒力」を利用した治療法になります。

2種 APS療法

APSとは自己タンパク質溶液、Autologous Protein Solutionのことで、患者様のご自身の血液から炎症を抑える良いタンパク質と、軟骨の良好な状態を維持する成長因子を、高濃度に抽出したものです。

APSは血液から上記のPRPをまず分離し、さらに特別な加工を加えることで、変形性膝関節症の治療に有効と言われる成分を高濃度に含むため、次世代PRPと言われます。

関節内への投与が可能、変形性関節症などの軟骨修復などが対象となります。

3種 PRP療法

PRPとは多血小板血漿、Platelet-Rich Plasmaのことで、血小板を多量に含んだ血漿のことです。PRPは患者様自身の血液から血小板を抽出して作製します

血小板には主に「血液を固めるはたらき」と「組織の修復を促す成長因子を出すはたらき」があります。血小板を多量に含んでいるPRPを傷んでいる部分に注入することで、自分自身がもともと持っている修復力を引き出すことができる治療がPRP療法です。

関節外の、筋、腱、靭帯の傷害などが対象となります。

PFC-FD療法

PFC-FDとは患者様から採血した自己血を精製しPRPを作製したあと、さらにPRPを活性化させ、血小板由来因子濃縮物(PFC)を作製します。さらにこれを無細胞化したうえでフリーズドライ加工することによりPFC-FDが出来上がります。(PFC-FDにはPRPの約2倍の成長因子が含まれます。)成長因子には組織の修復を促す作用があります。血小板が放出する成長因子によって治りにくい組織の損傷を修復する力を促進したり、炎症を早く治めたりすることが期待できます。

それぞれ患者様の病態によって選択可能です。まずはご相談ください。